治癒証明書の発行について

 学校保健安全法第19条により、幼児・児童・生徒が感染症にかかった場合、本人の休養と他者への感染・流行を防ぐため、出席停止(欠席扱いとしない)の措置をとることになっています。もしも、「学校感染症」と医師に診断された場合は、医師の指示のもとご家庭でゆっくり休養させてください。

 なお、登校の際は、回復した後にも医師より登校許可を受けてから、必ず治癒証明書(本校の書式もしくは、医療機関の書式どちらか)を作成し、持参してください。

※治癒証明書は、ご家庭でも書式をダウンロードできるようになりましたので、ご利用ください。

治癒証明書ダウンロード



ページの先頭へ