小学部教育活動のページ


〜 小学部 卒業式 〜

2019.3.22
 平成30年度小学部第63回卒業式が行われました。5年生による「威風堂々」の演奏にあわせ卒業生が入場。校長先生から一人一人に卒業証書が手渡されると、会場から大きな拍手が送られました。また、6年間の思い出と自分の将来の夢を収めた「わたしたちのあゆみ」が上映され、入学当時からの大きな成長を感じることができました。練習を重ねた「別れの言葉」では、卒業生が6年間の思い出や感謝の気持ちを述べました。新たなステップへと旅立つ思いを力強く伝えることができたと思います。
 個性豊かな9名の卒業生。今後の更なる飛躍を期待します。


【1年生】
 

【2年生】
 

【3年生】
 

【4年生】
 

【5年生】
 

〜 平成30年度 南砂小学校との交流 〜

【1年生】
 1年生は今年度が初めての交流でした。ろう学校の探検をしたり、クイズやゲームをしたりして楽しく交流しました。大人数のお友達の前で少し緊張している様子もありましたが、司会のお仕事をしっかりこなすことができました。最後にトンネルを作り、南砂小のお友達のお見送りをしました。

【2年生】
 ろう学校と南砂小学校との違いについてクイズをしました。また果物や色の手話を使ってフルーツバスケットをしました。南砂小学校のお友達もよく見聞きしてくれて楽しい時間を過ごすことができました。

【3年生】
 3年生は「手話クイズ」や「なかよくはこぼう」、「フラフープリレー」、「みんなでジェスチャーゲーム」の3つのゲームで交流しました。南砂小学校のお友達とペアになってゲームに参加したりグループを作って相談したりしました。最後には「また交流したい!」という南砂小学校のお友達の感想もあり、とても嬉しそうにしていました。

 【4年生】
 4年生は、「手話を覚えよう」、「質問に答える」、「ばくだんゲーム」の3つのゲームで交流しました。「手話を覚えよう」では一生懸命話を聞いて、手話を覚えてくれていました。その後何人かの友達と2人組を組んで、互いの名前や好きな食べ物を手話で紹介しあい、交流を深めました。

 【5年生】
 南砂小学校の5年生が8つのグループに分かれて、「理科」「社会」「遅刻」など、提示されたテーマの手話を考えて発表してくれました。みんな真剣に考えてくれたので、楽しい表現の手話がたくさんできました。立川ろう学校の5年生は、手話の紹や審査員をしました。




  

〜 5年生 社会科見学 〜

2019.2.28
 2月28日に、読売新聞東京本社と物流博物館を見学しました。
 読売新聞社では、新聞作りに欠かせない重要な業務である「校閲」を体験しました。間違えやすい「数字」「固有名詞」「同音異義語」に着目して、10個の間違いすべてを見つけようと皆真剣でした。社内見学では、テレビはいつも最新の情報を得るため、時計は締切時刻を常に意識するための工夫としてフロア内に多く配置されているという係の方の説明を聞き、皆「なるほど」と目を丸くしていました。
 物流博物館では、重い荷物を運ぶための昔の人の工夫として、手で持つよりも頭や肩を使うことで同じ重さでもより楽に運べるということを体験的に学習することができました。また、時代が進むにつれて人や動物、自然の力ではなく鉄道や汽船、車両等による物流へと変化していった様子を、展示物を見学しながら学習しました。時代によって様々な物流の工夫があることをワークシートで確認して、学習の理解を深めることができました。
 



〜 小学部4年 社会科見学 〜

2018.1.23
 1月23日に、東京都庁と東京都水道歴史館の見学をしました。
 都庁の都議会議事堂では都議会の役割を学習しました。議事堂内のモニターでは会議の内容を手話通訳により知ることもできるそうです。都庁45階の展望室から見る都心の眺めや観光情報センターの島しょ地区のパンフレット等からは、普段自分たちが暮らしている多摩地区とは違う都内の様子について知り、驚きの声を上げる様子も見られました。
 水道歴史館では、2学期に学習した玉川上水や江戸時代の水道の様子、明治以降の東京の水道施設について、実物や模型の展示により、具体的に学習できました。江戸時代の長屋や井戸の模型を見て、当時の暮らしの大変さを実感することができたようでした。
 両方の見学場所で、係の方が手話で説明してくださり、児童もより真剣に見聞きしていました。有意義な社会科見学となりました。

 
 
  
〜 すぎな もちつき 〜
2019.1.17
 1月17日(木)、3学期の大きな行事の一つ「もちつき」が実施されました。もちつきに必要な材料の買い出しや畑での大根掘り、お米とぎなど、子供たちは任された仕事に張り切り、一生懸命準備を行っていました。
 当日は、朝からうきうきした表情で、もちつき行事を楽しみにしていました。もち米をふかしている間は、自分たちで収穫した大根をすりおろし、からみもちの下準備をしました。もちつきの時間は、「よいしょ、よいしょ」と気合い十分。昨年に比べ、杵を振り下ろす姿も逞しく、力強くつくことができました。みんなで協力し、もちもちつやつやのおもちをつくことができました。その後、お母さん方がもちを丸め、いそべもち、きなこもち、あんこもち、からみもちなどを手際よく準備していただき、お母さん方特製の豚汁もよそって、みんなでおいしくいただきました。お皿にいくつもおもちをとり、みんなお腹一杯!大満足のもちつきとなりました。



〜 小学部6年 修学旅行 〜

2018.11.21
 6年生は、11月21日(水)に鎌倉・江ノ島方面へ修学旅行に行ってきました。当日は快晴に恵まれ、日中はとても気持ちのいい気候になりました。朝から1日かけての長旅でしたが、みんなで楽しい思い出を作ることができました。
 高徳院の大仏見学では、大仏が目に飛び込んできた瞬間、「おー」と歓声があがっていました。狭く、薄暗い大仏の胎内も体験しました。子供たちはちょっと緊張しつつ神秘的な気分を味わいました。
 午後の新江ノ島水族館では、入館するとすぐに、海の生物に興味を示し水槽に張り付いていました。特に大きな蟹を見つけたときには、どの子もびっくりしていました。イルカショーでは、イルカやアシカの素晴らしい技に歓声をあげ、目をキラキラさせながら見ていました。最後にお土産を購入するときは、お財布と相談しながら一生懸命考えていました。
 「あっという間だったね!」と話しながら帰るくらい、思い出に残る楽しい1日となりました。


  

〜 小低部 立川祭 〜

2018.10.26〜10.27
 小低部は「にじいろのさかな」という絵本を題材にした劇を発表しました。「台詞を覚える」と「大きな手話・声・動き」を目標に練習を始めました。練習を重ねるにつれ「台詞はお客さんの方を見て表す」や「台詞がない時も海の生き物になりきる」など、たくさんのことを意識して練習に励むようになりました。
 9月末から毎日練習を重ね、いざ本番!緊張した表情を見せる子もたくさんいましたが、劇発表が終わった子供たちは、達成感で満たされた表情をしていました。練習の成果を精一杯発揮できた子供たちに、たくさんの拍手が送られました。



  

〜 小学部 水泳指導 〜

2018.6月〜10月
 小学部では、6月〜10月に立川市泉体育館のプールをお借りして、水泳指導を行いました。室内の温水プールということもあり、天候に左右されることなく、みんな楽しみながら水泳を行うことができました。
 少ない回数でも、一人一人が一生懸命練習し、それぞれが泳力を伸ばすことができました。




  

〜 小学部3年 移動教室 〜

2018.9.19〜9.20
 小学部3年生が初めての移動教室に行きました。1日目は天候にも恵まれ、予定通り高尾山登山を行いました。日本一の急勾配といわれるケーブルカーに乗り込むと、子供たちは窓に張り付き、「怖い!」と言いながらも楽しそうな様子でした。山道は想像以上に険しく大変な登山でしたが、頂上に到着すると広大な景色とおいしいお弁当で元気を取り戻し、無事下山しました。夜は子供たちが企画・準備したお楽しみ会で盛り上がりました。
 2日目は高尾の森わくわくビレッジで創作活動とうきうき探検隊(館内オリエンテーリング)にチャレンジしました。頑張って作った紙飛行機が広場で高く飛んだ時は、夢中でその紙飛行機を追いかけ、満足そうな表情でした。
 子供たちが自分で時間を確認して行動し、みんなと協力しながら楽しく過ごすことができた2日間。この経験が子供たちにとって心に残る思い出となりました。



  

〜 小高部 移動教室 〜

2018.7.9〜7.11
 7月に小高部22名で移動教室に行ってきました。今年は群馬県の赤城を訪れ、ハイキングやアドベンチャープログラム、地元の名物おっきりこみ作りなどを行いました。今回は7月に実施したため、厳しい暑さの中での活動となりましたが、どの児童も積極的に動き、友達と協力して取り組むことができました。
 ここでの経験を今後の学習に生かしていってほしいと思います。



〜 運動会 小高部 〜

2018.5.26
 小高部の今年のダンスは『よっちょれ』。各学年で踊る場面では、自分たちで踊りを考えました。練習では流れをつかむのに苦労する様子が見られましたが、本番では一人一人が練習の成果を発揮し、目を輝かせ自信をもって踊ることができました。紅白リレーでは、どちらのチームも「優勝したい!」という気持ちをもって、一致団結して走りました。小高部の子供たち一人一人が、責任感をもって取り組み、全員が成長できた運動会でした。



  

〜 運動会 小低部 〜

2018.5.26
 小低部の今年のダンスは『おまつりだいこ』!学年ごとに揃えたハッピとはちまきの衣装を着て、力強く踊ることができました。初めは先生を見ながらやっとの思いで踊っていた子供たちも、練習を重ねるごとに自信をもち、自然とお互いに振りを教え合うようになりました。本番では、練習の成果を存分に発揮し、一生懸命踊る子供たちの姿を見ていただくことができました。団体競技『なかよくはこぼう』ではペアの友達と息を合わせ、ボールを運ぶことができました。最後までどちらが優勝するか分からない、接戦を繰り広げた運動会となりました。



〜 小高部 春の遠足 〜

2018.5.2
 5月2日(水)に、都立野川公園に行きました。途中には、調布飛行場もあり、間近に飛行機を見ることのできる都立武蔵野の森公園も通り抜けました。
 園内ではオリエンテーリングを行い、野川のほとりの湧き水を触ったり、自然観察センターでたぬきのはく製に触れたりしました。鳥の鳴き声コーナーでは、「聞こえた!」と嬉しそうに報告してくれる児童もいました。自由遊びでは、オオバコ相撲やオリジナルのぐるぐる相撲など、広い野原で自然と触れ合いながら友達と楽しみました。また、班の中で役割を担い、班で協力する大切さや、自分の仕事に責任をもつ大切さを学ぶことができました。移動教室に向けて、春の遠足の体験を生かせるようにと願っています。



  

〜 小低部 春の遠足 〜

2018.5.2
 5月2日(水)に昭和記念公園に行きました。歩くと汗ばむ陽気でしたが、最後まで元気よく歩けました。子供たちは「虹のハンモック」や「雲の海」で繰り返し飛び跳ねては転がり、汗をかきながら楽しく遊んでいました。「ドラゴンの砂山」では遊具から水が噴射されると、目をキラキラさせて噴射される水に近づいては、大はしゃぎする子供もいました。そしてたくさん歩いた後は待ちに待ったお弁当。行動班ごとに食べる場所を決め、シートを広げ、「いただきます!」とあいさつをして笑顔で弁当やお菓子を食べました。
 今回の遠足では、全体を通して3年生の行動班の班長がとても頑張っていて頼もしかったです。今後、より一層小低部がなかよく、絆が深まっていくことを期待しています。



  

〜 小学部 新入生歓迎会 〜

2018.4.13
 今年度、小学部に10名の新しいお友達が入学しました。そして4月13日(金)には新入生歓迎会が開かれました。
 3、4年生が飾り付けをしてくれた体育館に元気に入場した1年生、自己紹介として、名前や好きな食べ物などを頑張って発表することができました。
 次に6年生が「小学部の1年間」を分かりやすく劇のようにして紹介してくれました。そして5年生の進行で「じゃんけん列車」のゲームを楽しみました。
 最後に、2年生から朝顔の種をプレゼントしてもらい、とても嬉しそうでした。
 上級生が協力して準備してくれた歓迎会で小学部の仲間入りをした1年生。元気に頑張っていきます!


ページの先頭へ